So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

テッド・マックダーモット【イギリス】は認知症でも息子・サイモンと夢を叶える [テレビ]

5月18日(木)19時54分よりフジ
テレビ系「奇跡体験!アンビリバボ
ー」が放送されますが、今回は「父
と息子のアンビリーバボーな絆」と
いう内容がが紹介されます。

内容は「南アフリカで働いていた
サイモンはある日、母・リンダから
穏やかであった父親が怒りっぽく
なり物忘れが目立つとの電話を
もらったのだった。心配になった
サイモンはイギリスへ帰国するも、
この時既にテッドは息子のサイモン
のことを覚えていなかったのだ…
辛い現実ではあったが、この後父と
息子の絆が生んだ奇跡の物語が
世界中の注目を集め鵜ことになる。
テッドが80歳にして、しかも「認知症」
という病気を患いながらも叶えた大き
な夢とは!?





スポンサードリンク










<認知症で穏やかな父が変わってしまった…>


日本は先進国の中でも超高齢化
社会と言われ、現在、そして今後
もますます高齢者が増えていくこ
とは大きな社会問題であるとされ
ている。それに伴って、「認知症」で
ある老人が増えていくことも大きな
課題となっている。

しかし、それは日本に限ったことで
はない。

イギリスに住むサイモン・マック
ダーモットと父親のテッドという
親子がいた。テッドは80歳であり、
数年前から認知症を発症していた。
もともと、父親のテッドは穏やかな
性格であったのだが、認知症の
病状が進むにつれ、次第に息子や
テッドの妻であるリンダと家族への
攻撃的な言動が増えていき、困った
サイモンはイギリスのアルツハイマー
協会のヘルプライン(相談電話窓口)
に相談することとなった。

この時、父親のテッドの認知症の症
状で悩んでいた不安を親身に相談
に乗ってくれたことが、支えとなった
のだ。

当時をサイモンさんは「赤の他人で
ありながら、相談窓口の方々は私た
ちをどれほど援助してくれたことか」
と語っている。

父親の認知症に悩まされながらも、
イギリスのアルツハイマー相談窓口
によって助けられたサイモン。
相談窓口の援助を受けながら生活して
いた時、ふと気づいたことがあった…





スポンサードリンク







<父・テッドの好きなことから得たヒント、認知症でも社会貢献へ!!>


父・テッドの攻撃的な言動はある時
だけ止むことに気付いたのだ。それ
は父・テッドの大好きな「歌うこと」。
実はサイモンの父・テッドはかつて
イギリス各地のクラブを回る元プロ
シンガーとして活躍していたからだ。
酒場回りをするシンガーであった
テッドは多くの歌を歌ってきたのだ。
それはたとえ認知症になったとして
も、簡単に忘れたりはしていなかった。

(認知症の特徴として、最近のことは
忘れてしまっても、その人の人生で
行われてきた長年の習慣などは、比
較的保たれていることが多いとされて
いる。日本においても、認知症になっ
てしまった人へのアプローチとして、
その人の人生において長年やって
きた習慣などから、リハビリや行動
療法として取り入れられることが
ある。)

そのことから、サイモンは車の中で
歌を歌う「carpool karaoke」をする
ことを思いついた。車内のステレオ
音量を上げて、かつて酒場で歌って
いたように機嫌よく歌うテッドとそれを
嬉しそうに見ながら一緒に過ごす
息子のサイモン。

サイモンは父・テッドが車内で歌う
様子をYou Tubeにアップした。チャ
ンネル名は「The songaminute man」
という。これは父・テッドが知っている
曲数の多さから付けられたテッドの
ニックネームだ。





アップした動画はみるみるうち
に再生回数が上昇し、100万回を
越えるものもある。メディアも注目
したことで、さらに話題となったのだ。

そして、サイモンはこの動画チャン
ネルをきっかけに、認知症である父
・テッドの「認知症」について、広く
世間に知ってもらうことと、相談に
乗ってくれたイギリス・アルツハイマー
協会の力になるべく、チャンネルと
コラボして募金を開始したのだ。目標
は1000ポンド(約10万円弱)であった
が、わずか2ヵ月で目標であった
金額の100倍の10万ポンド(約1340
万円)という金額が7000人以上の人々
から集まったのだ。

たとえ、認知症であっても、その人の
人生に寄り添い、出来ることにフォー
カスしていったことは、これから超高
齢化社会を迎えようとする日本で、と
ても参考になる出来事といえる。





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。