So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択

貝毒とは【注意喚起】症状や対処法は?加熱は意味なし?? [病気]

5月は初夏を感じさせる季節
でありますが、「潮干狩り」の
シーズンとも言えます。

自分で掘ったアサリなどを食
べるのも、楽しみの一つと言え
ますが、現在、潮干狩りで注意
しなければいけないことがあり
ます。

それは「貝毒」と言って、アサリ
やハマグリなどの二枚貝には、
時期や場所によって貝毒の危
険性があるとされているのです。

シーズン真っ只中の潮干狩りを
安全に楽しめるように、「貝毒」に
ついて、まとめてみました。





スポンサードリンク










<注意喚起も!?貝毒とは??>


2017年4月愛知県で採取された
アサリの身から国の規制値を超
える麻痺性貝毒が検出され、愛
知県内では半数以上の潮干狩り
場が休業に追い込まれる事態と
なってしまっています。これらの
事態によって、他の県外の潮干狩
り場にも注意喚起がされ、全国的
に注目されている「貝毒」ですが、
どのようなメカニズムで発症する
のでしょうか??


<「貝毒」はなぜ起きる??発生のメカニズムとは??>


アサリやハマグリ、牡蠣、ホタテ
などは私たちが普段食事で食
べている物ですが、「貝毒」が起
こる場合、貝が食べているプラン
クトンが有害であった時、その汚
染された貝を人が食べることで
起こってしまうのです。

しかし、国内では貝などを摂取
することで起こる食中毒防止の
ため、定期的に貝類の毒性を測
定しています。そして、国が定め
る規制値を超える物は規制をす
るなどして「貝毒」が起こらないよ
うにしているのです。

ちなみに、毒化がされてしまう「二
枚貝」が確認されているのは、
サリ、シジミ、ムラサキガイ、カキ、
アカガイ、トリガイなどがあります。





スポンサードリンク







<「貝毒」の種類や症状は??>


「貝毒」は症状により、

1.麻痺性貝毒

2.下痢貝毒

3.神経性貝毒

4.記憶喪失生貝毒

5.アサリ毒

の5つに分類されている。


1.麻痺性貝毒

中毒症状:食後30分程度で口唇
、舌、顔面の痺れ、手足にも進行。
軽症の場合であれば、24~48時
間で回復するが、重症の場合は、
運動障害、頭痛、嘔吐、言語障害
、流涎(よだれが出る)などの症状
が出現する。麻痺が進行してしまう
と、呼吸困難で死亡することがある。

この毒に汚染される貝:二枚貝のホタテ
ガイ、ムラサキガイ、アカザラ、アサリ、
ヒラオウギ、マガキなど

2.下痢性貝毒

中毒症状:激しい下痢が主症状。
吐き気、嘔吐、腹痛を伴うことも。
死亡例はない。

この毒に汚染される貝:ムラサキガイ
、ホタテガイ、コマタガイなど

3.神経性毒貝

中毒症状:食後数時間より、飲み
込んだときにヒリヒリ感がある。そ
の後、のどから身体全体に広がり、
酔ったような状態となる。瞳孔散大、
運動失調、下痢の症状が出現する。
2~3日で回復することが多い。

4.記憶喪失性貝毒

中毒症状:主症状は胃腸や神経症状など。

※1987年11月~12月に、カナダ東岸
  でムラサキガイによる中毒で、患者
  107名のうち4人が死亡、記憶喪失
  者12名という事態が起こった。

5.アサリ毒

中毒症状:食後24時間~28時間で
悪寒、食欲不振、倦怠感、悪心、嘔吐
、便秘などがあり、皮下出血班が必ず
見られる。2~3日後に、口、歯茎、鼻
などの粘膜に出血、口臭が特徴、黄疸
も見られる。重症の場合、神経錯乱を
起こし1週間以内に死亡することもある。

この毒に汚染される貝:アサリ、カキ、
カガミガイなど


<「貝毒」への対処法は??加熱は意味がない??>


「貝毒」の対処法ですが、毒の
成分は熱に強く、煮ても焼いて
死滅しないのです。

ですので、1度「貝毒」になって
しまった場合、有効な治療法や
解毒剤は現段階ではなく、症状
が出てからの対処療法になって
しまうのです。

潮干狩りに行く際は、その潮干
狩りをする海岸の情報収集をす
るなどして、貝が安全であるか
確認してから行うことが望ましい
でしょう。





スポンサードリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。